GEEKy Script Writer [perl and more!]
You should permit the JavaScript!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気づいたら2013年も半分が過ぎて笑えない。
ここの存在を完全に忘れてた。特にかけるようなネタもないのがつらい。何より時間がない気がする。やべえテンションあがってきた。
久々にブログ更新しようと思ったら見れねーじゃねーか
FC2は糞
気づいたら俺らの2012年も半分どころか3/4過ぎてた
どうすんだよこれ
ニコチューブゲッダン
ニコチューブゲッダンというyoutubeとニコニコ動画の動画ページに
ダウンロード用リンクを追加してくれる大変便利なGoogle Chromeの拡張を使っているが、
今日youtubeのほうにリンクが表示されなくなったことに気づいた。
(ニコニコはもともと使ってないから知らん)

youtubeの仕様変更で一時的に使えなくなるのはよくあることで、
そのうち作者が更新してくれると思うが、今回はすぐに必要だったので、自力で修正できないか試みた。

ChromeなのでCtrl+Shift+Jでコンソールを開くと
拡張機能のJavaScriptでエラーが発生していればここにエラーが出る。
実際エラーが出ていた。当該ファイルntgd_dl.jsを選んでスクリプトを表示させるとエラー行がわかる。

ntgd_error

174目のパターンにマッチせずvideo_idが取れてないらしい。
なるほど、ここの文字列が変わったんだな。ここを現状に合わせて直せばよい?
で、このvideo_idは何に使ってるのか。
その下のコードを眺めてみるとvideo_idはまったく使われてなかった
いまは別の方法で動画のurlをとってるからこの部分のコードは不要みたいだ。

というわけで、L167のifからL186までコメントアウトしたら無事リンクが出るようになった。
よかったよかった。

まとめ
不要になったコードは消せ
Chromeの拡張はこうやって簡単にソースコードを覗けていじれるので大変すばらしいですね。

(2012/2/15追記)
やり方をわかりやすく説明してほしいというコメントがあったので、
できるだけ少ないステップでできるやり方を書いてみる。
(ニコチューブゲッダン 0.5.5.0がインストールされていることが前提です)

Windows 7/Vistaの場合

1. ExplorerでCドライブを開く
2. 検索バーに ntgd_dl.js を入れる
3. ntgd_dl.jsが見つかったらそれをテキストエディタで開く(メモ帳でOK)
4. 167行目の以下の先頭に /* をつける

if($('script:contains(fmt_stream_map)').length > 0){



/* if($('script:contains(fmt_stream_map)').length > 0){

5. 186行目の最後に */をつける

var vidUri = '/get_video?el=detailpage&asv=2&video_id=' + video_id + '&t=' + t;



var vidUri = '/get_video?el=detailpage&asv=2&video_id=' + video_id + '&t=' + t; */

6. 上書き保存する
7. Chromeを再起動する

Windows XPの場合

窓キー+Fで検索ウィンドウ出してCドライブを対象にntgd_dl.jsを検索する。
あとは上の3から。

Mac/Linuxなどの場合

findとかsedとかで
気がついたら俺らの2011年も終わってた
2012年1月ももう半分が過ぎようとしている。
copyright © 2005 GEEKy Script Writer [perl and more!] all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。