GEEKy Script Writer [perl and more!]
You should permit the JavaScript!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【変態】フラグ処理まとめ【コーディング】
変態フラグ処理をまとめてみた。ぷげらっちょ。

よくあるフラグの反転処理
// JavaScript
flag = 1;
flag = flag?0:1;

# perl
$flag = 0;
$flag = $flag?0:1;

変態処理は追記で。
変態処理#1
・絶対値処理を使う
// JavaScript
flag = 1;
flag = Math.abs(flag - 1);

# perl
$flag = 0;
$flag = abs($flag - 1);


変態処理#2
・ビット演算
// JavaScript
flag = 0;
flag ^= 1;

# perl
$flag = 0;
$flag ^= 1;


変態処理#3
・1足して2で割った余りを求める
// JavaScript
flag = 0;
flag = ++flag%2;

# perl
$flag = 0;
$flag = ++$flag%2;


変態処理#4
・Perl限定正規表現
# perl
$flag = 0;
$flag = ($flag =~ /0/);


変態処理#5
・#4をJavaScriptで
// JavaScript
flag = 0;
flag = flag.toString().indexOf('0')+1;


変態処理#6
・コサイン使ってみる
// JavaScript
flag = 0;
flag = Math.cos(flag* Math.PI /2);


変態処理#7
・ここまでくると何してるかわからなくなる
// JavaScript
flag = 0;
try{flag %= flag;}catch(e){flag=1;}


変態処理#8
・背中が痛い。
// JavaScript
flag = 0;
flag = parseInt(String.fromCharCode(49 - flag));


変態処理#9
・配列をアレする
// JavaScript
flag = 0;
flag = Array(1,0)[flag];

# perl
$flag = 0;
$flag = (1,0)[$flag];



実際のところ、#1しか検証してません。わらい。
こんな記事書いてたら、きっと誰かがswitchでの処理をブログに書いて、「分かりやすい変態コードできた!」とか言い出すんだろうな。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 GEEKy Script Writer [perl and more!] all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。